日本語教育・日本語そして日本についても考えてみたい(その2)

本ブログ(その1)は ☛ http://urgell.blog62.fc2.com/ をご覧下さい。

バルセロナから(2019年1月3、4日) : 『バルセロナの侍』(Samurai de Barcelona)(13)

#スペイン #バルセロナ #オリジナル小説(Novela original) #Samurai de Barcelona #ランブラス通り(La Rambla)


(*Les agradecería si pudieran comentar sobre mi novela original.)


バルセロナから(2019年1月3、4日) : 『バルセロナの侍』(Samurai de Barcelona)(13)


2. El secreto de la Sagrada Familia

(4)La agenda negra

La cabeza era de una mujer. Sus ojos medio abiertos, parece que se rindieron debajo de las cejas levantadas por miedo. Los labios cerrados duros, parece que se lamentan, el pintalabios demasiado

oscuro. En cambio, en el centro la nariz que se orienta un poco hacia arriba, expresa su único encanto.


Antes de ser hecha la autopsia, al inspeccionar, Samurai

observaba cuidadosamente la cabeza de la mujer.

"Es un cabello rubio maravilloso, pero no ha podido mantenerlo

durante una semana", señaló, el cabello negro en la raíz estaba ligado por la cuerda.


El sol ha subido totalmente y ya se ven más claros todos los

detalles de la cabeza.


2. サグラダ・ファミリアの秘密

(4) 黒手帳

その生首は女のものだった。恐怖で吊り上った眉の下で諦めたような半開きの眼、濃すぎた口紅を悔いるような硬く喰いしばった唇、それらのパーツの間で幾分上向き加減の鼻が、唯一生前の彼女の愛らしさを訴えていた。


鑑識に回される前に、サムライは念入りに女の生首を見て、

「素晴らしい金髪だけれど、ここ一週間は手入れができていないね」とロープに結わえられた頭髪の根元の黒髪を指差した。


陽もすっかり上がっていて、もう生首の細部にわたって鮮明に見える。

………………………………

写真は、ランブラス通り(La Rambla)で。

世界中からの観光客が漫歩する、この素敵な遊歩道ではスイーツ店、土産店、レストランなどが迎えてくれるが、何と言っても主役は花屋である。

まだクリスマスが終わっていないバルセロナで色とりどりの花に囲まれて1枚パチリ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。