日本語教育・日本語そして日本についても考えてみたい(その2)

本ブログ(その1)は ☛ http://urgell.blog62.fc2.com/ をご覧下さい。

バルセロナから(2018年12月20、21日) : 『バルセロナの侍』(Samurai de Barcelona)(7)

#スペイン #バルセロナ #オリジナル小説(Novela original) #Samurai de Barcelona #サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia)


(*Les agradecería si pudieran comentar sobre mi novela original.)


バルセロナから(2018年12月20、21日) : 『バルセロナの侍』(Samurai de Barcelona)(7)


2. El secreto de la Sagrada Familia

(1) Dragón con ocho cabezas

Hay un edificio que recuerda al Dragón con ocho cabezas que se alza en la ciudad de Barcelona.

Es la Sagrada Familia, que se dice que es la mejor obra maestra del genio español Antoni Gaudí.

Ya han pasado más de 130 años desde el inicio, pero aún está en construcción.


Se dice que la iglesia, como esta extraña criatura, tendrá 18 cabezas si se completa.

Actualmente, ocho cabezas se dirigen hacia el cielo.


Temprano por la mañana, cuando la luz del amanecer finalmente comenzó a alejarse de las nubes, el 23 de noviembre, profundizando en el otoño, un muchacho, desde la azotea del piso de enfrente situado, estaba observando con los binoculares las cuatro cabezas de la puerta del nacimiento, es decir, los cuatro capiteles uno a uno de la derecha a la izquierda.


2. サグラダ・ファミリアの秘密

(1) 八頭龍(おろち)

バルセロナの街中に聳え立つ、巨大な八頭龍(おろち)を思わせる建物がある。スペインの天才建築家アントニ・ガウディの最高傑作と謳われているサグラダ・ファミリア(Sagrada Família/聖家族教会)である。着工からすでに百三十年以上経つが、現在もなお工事が続けられている。  


この奇怪な生き物のような教会は完成すれば十八の頭になるという。現在は八つの頭が天に向かって突き抜けている。  


そのうち誕生の門の四つの頭、即ち四本の尖塔部分を、秋も深まった11月23日、ようやく暁光が雲間から差し始めた早朝、向かいのマンションの屋上から右から一本ずつ順番に双眼鏡で覗いていた少年がいた。

…………………………………

写真は、サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia)をバックに。

久しぶりにガウディ広場の池の前で寛いだ。赤紫色のアーモンドの木の葉の向こうに「八頭龍(おろち)」の勇姿が望める。

冬のサグラダも怪しげな色の雲を身にまとい、見る者の想像力をかき立てる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。