日本語教育・日本語そして日本についても考えてみたい(その2)

本ブログ(その1)は ☛ http://urgell.blog62.fc2.com/ をご覧下さい。

バルセロナから(2018年12月18、19日) : 『バルセロナの侍』(Samurai de Barcelona)(6)

#スペイン #バルセロナ #オリジナル小説(Novela original) #Samurai de Barcelona #Manzanilla


(*Les agradecería si pudieran comentar sobre mi novela original.)


バルセロナから(2018年12月18、19日) : 『バルセロナの侍』(Samurai de Barcelona)(6)


1. Aparición del Samurai.

(2) Presagio

Entre los varios incidentes en los que hemos estado involucrados, uno de los incidentes más horribles es un caso extraño en el mundo del cual el caso "Shuriken" presentado al principio fue el comienzo.


Este incidente estremeció a España y a Europa, en esos días, e incluso ahora la gente habla con una expresión horrorizada cada vez que recuerda ese oscuro crimen.


Eso fue dos semanas después de que el shuriken estuvo a punto de casi rozarle la nariz al

Samurai.


1. サムライ参上

(2) 予兆

我々が関わってきた幾つかの事件の中でも、最も陰惨な事件の一つが、冒頭に紹介

した「手裏剣」事件が端緒となった世にも奇怪な事件である。


この事件は当時のスペイン、いやヨーロッパ中を震え上がらせ、今でも人々はその暗澹たる犯罪を思い出すたびに恐怖の面持ちで口に上らせるのである。


それは、あの手裏剣がサムライの鼻先をかすめた出来事から二週間後のことだっ

た。

………………………………

写真は、バルセロナ老舗レストランで。壁に飾られているプレートには「マンサニージャ(Manzanilla) 1932年」と見える。

マンサニージャはシェリー酒の一種でスペインを代表するワインである。この日は伝統あるレストランでクリスマスディナー会。

陽気な仲間が「私も!」と顔を出した瞬間、パチリと一枚。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。