日本語教育・日本語そして日本についても考えてみたい(その2)

本ブログ(その1)は ☛ http://urgell.blog62.fc2.com/ をご覧下さい。

バルセロナから(2018年12月16、17日) : 『バルセロナの侍』(Samurai de Barcelona)(5)

#スペイン #バルセロナ #オリジナル小説(Novela original) #Samurai de Barcelona #クリスマスパーティ(fiesta navideña)


(*Les agradecería si pudieran comentar sobre mi novela original.)


バルセロナから(2018年12月16、17日) : 『バルセロナの侍』(Samurai de Barcelona)(5)


1. Aparición del Samurai.

(2) Presagio

Nunca imaginamos ni Samurai ni yo que este caso estaría relacionado con un extraño incidente más adelante.


Por cierto, la relación entre el detective de Barcelona y yo era que somos compañeros de carrera de Estudios japoneses en la escuela de posgrado en Barcelona. Samurai era excelente en ese momento.

Si hubiera continuera un poco más su estudio, se habría convertido en catedrático por la investigación del crimen del período Edo. Sin embargo, de alguna manera había abierto una oficina de detectives.

Resulta que compartí su curiosidad caprichosa.


"El samurai de Barcelona" Ken Saburi tiene ahora 32 años. Hace 7 años abrió una oficina de detectives

en Barcelona. Ha estado involucrado en la resolución de varios casos misteriosos con su habilidad física singular e intuición. He visto estos casos con él, Samurái, más cerca que nadie desde el

principio de la oficina. Más bien, sería mejor decir que he estado junto a él en el riesgo.


1. サムライ参上

(2) 予兆

この出来事が後の奇怪な事件と関わってくるとは、私もサムライも思ってもみなかった

のだが……。


さて、バルセロナで探偵をやっているこの男と私の関係だが、バルセロナの大学院でともに日本学を研究していた仲間だった。その頃から優秀だった彼は、そのまま研究を続けていればすぐにでも教授になったのだろうが、江戸期の犯罪を探求しているうちに、どういうわけか探偵事務所を立ち上げてしまった。その気まぐれに私も付き合わされた、ということである。


「バルセロナの侍」こと佐分利健は現在 32 歳、バルセロナに探偵事務所を開設して 7年。その比い稀な身体能力と時に神懸かりかとさえ思える直観力で幾多の怪事件解決に関わってきた。私は事務所開設当初からこれらの事件と彼、サムライを誰よりも身近に見てきた。というより、共に命を危険に晒されてきた、と言ったほうがいいだろう。

………………………………

写真は、仲間たちとのクリスマスパーティ(fiesta navideña)で。

アソシエーション「なかま」(Nakama - asociación para el fomento del intercambio cultural iberojaponés)を30年ぶりに再開した。その新しいメンバーたちと楽しい時間を過ごした。

「ジングルベル」を日本語で歌い、豆を箸で運ぶ競争をし、阿弥陀くじでプレゼント交換で大いに盛り上がった。オランダ、アイルランド、中国、スペイン、そして日本、と国籍も多様な笑顔、笑顔、であった。


★ブログ「教育・日本語そして日本についても考えてみたい(その2)」http://shuji.muragon.com/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。