日本語教育・日本語そして日本についても考えてみたい(その2)

本ブログ(その1)は ☛ http://urgell.blog62.fc2.com/ をご覧下さい。

バルセロナから(2018年5月23日) : 日本からの6月の鯉のぼり

バルセロナから(2018年5月23日) : 日本からの6月の鯉のぼり


今日の言語交換の集まりには鯉のぼりが登場した。5月にスペインに来た日本人観光客が持って来たものだ。


これをネタに日本の祝日や伝統文化の話の花が咲いた。そのうちどういうわけか、近いのに行ったことのない名所の話になった。


コルドバ出身の中国語学習者の彼が「近くの名所はいつでも行けると思って結局行かない」というスペインの諺を口にしたので、そう言えば日本にも「遠い親戚より近くの他人」という諺がある、と誰かが言った。


それをスペイン語で言ってやったら大受けして妙に感心された。ところで、この2つの諺は関係あるのか、と冷静に考えると、思わず吹き出してしまった。


この夜も和気あいあいとした国際交流だった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。