日本語教育・日本語そして日本についても考えてみたい(その2)

本ブログ(その1)は ☛ http://urgell.blog62.fc2.com/ をご覧下さい。

バルセロナから(2018年5月18日) : 店先を華やかに彩るネクタリン(椿桃)の実

バルセロナから(2018年5月18日) : 店先を華やかに彩るネクタリン(椿桃)の実


今日も散歩の途中で、八百屋の店先に並べられた果物の甘い薫りに魅せられる。


その赤い実の品名はネクタリーナ(Nectarina)とある。日本では「ネクタリン」あるいは和名の「ズバイモモ」として知られているようだ。「椿桃」とも言う。味は甘いがかなり酸っぱいらしい。


要するにモモの仲間で、別名として油桃(ゆとう)とも呼ばれている。モモと違う点は表面に毛がなく、 つるつるしていること。果肉の色は赤のほかに黄色もある。


果物に限らず食材の名前を覚えようとしない私が最近、これは何という名だろうか、と名前を調べたりするようになった。


これで少しは、今日食べた物は何だったか、覚えるようになるかも知れない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。