日本語教育・日本語そして日本についても考えてみたい(その2)

本ブログ(その1)は ☛ http://urgell.blog62.fc2.com/ をご覧下さい。

バルセロナから(2018年4月24日) : スペインで食べる雑炊

バルセロナから(2018年4月24日) : スペインで食べる雑炊


午後、友人が訪ねてきて、日本から携えてきたインスタント雑炊?を作って食した。即席で出来上がる雑炊なのだが、懐かしい日本の味がして美味しく頂いた。


懐かしい、と言っても、「雑炊」っていつ食べただろうか、思い出そうとしても、どうも記憶にない。ひょっとしたら私自身は「雑炊」というものを初めて口にしたのではないだろうか、と思い始めた。


「お粥(かゆ)」や「おじや」という言葉なら、なるほど、幼い頃食べたような気がするが、「雑炊」というのは、最近の日本の食文化の中でずいぶんと旧時代の復活食品のような響きがあるのだが、どうなのだろう。


食べるだけ食べて、何という名称のものを食べたのか、とんと興味を持って来なかった自分に呆れてしまうが。

兎にも角にも、誠に美味しゅうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。