日本語教育・日本語そして日本についても考えてみたい(その2)

本ブログ(その1)は ☛ http://urgell.blog62.fc2.com/ をご覧下さい。

バルセロナから(2018年3月30日) : 「スペイン語はいかが」(23)「ヤ・ユ・ヨ」と「ジャ・ジュ・ジョ」の音は同じもの ?

バルセロナから(2018年3月30日) : 「スペイン語はいかが」(23)「ヤ・ユ・ヨ」と「ジャ・ジュ・ジョ」の音は同じもの ?


ヤ行を観てみよう。


まず、ヤで始まる日本語。人に会ったときの軽い挨拶「やあ」に似た発音のスペイン語にyaがある。


これは「すでに」「すぐ」の「もう」の意味になる。ただ、発音は「ヤア」よりも「ジャ」のほうが通じやすい。


「ヤ・ユ・ヨ」と発音する時に舌を下顎や下の前歯の裏に触れると「ジャ・ジュ・ジョ」という音が出る。


スペイン語では「ヤ・ユ・ヨ」の音と「ジャ・ジュ・ジョ」の音は同じもとして認識するのだ。


例えば「私」はスペイン語でyoと書くが発音は「ヨ」と「ジョ」のどちらでもよい。


ところで「ya・yu・yo」と同じように「ジャ・ジュ・ジョ」と聞こえるものに「lla・llu・llo」があるんだ。


そこで「ジャ」行の日本語を探してみよう。


日本語で「邪魔」の発音のスペイン語に「llama」(呼べ)がある。Llamame(私を呼べ。


私に電話をかけてくれ)のように使う。また名詞としては「炎」の意味。アンデス地方の動物「リャマ」のつづりでもある。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。