日本語教育・日本語そして日本についても考えてみたい(その2)

本ブログ(その1)は ☛ http://urgell.blog62.fc2.com/ をご覧下さい。

バルセロナから(2019年1月11、12日) : 『バルセロナの侍』(Samurai de Barcelona)(17)

#スペイン #バルセロナ #オリジナル小説(Novela original) #Samurai de Barcelona #チュロス(Churros)


(*Les agradecería si pudieran comentar sobre mi novela original.)


バルセロナから(2019年1月11、12日) : 『バルセロナの侍』(Samurai de Barcelona)(17)


2. El secreto de la Sagrada Família

(6)La caída de la muerte

Entre las esculturas que Gaudí dejó en la Sagrada Familia, hay varias cosas misteriosas llamadas "Código Gaudí". Ha habido mucha controversia sobre la intención creativa de Gaudí, sobre todo en cuanto a la estatua de "un soldado de infanticidio y una madre que se aferra a sus pies".


Se convirtió en una feroz controversia sobre el sucesor de la intención de Gaudí y el sucesor verdadero de Gaudí.


Mientras tanto, hace cincuenta y cinco años en una noche fría de noviembre, un joven albañil murió después de caer en la"puerta del nacimiento" de la Sagrada Familia.


Los periódicos de esa época lo trataron como una muerte accidental y apenas lo reportaron, pero varias especulaciones se generaron entre los que habían tenido alguna relación con él.

2. サグラダ・ファミリアの秘密

(6)転落死

ガウディがサグラダ・ファミリアに残した彫刻のうち、「ガウ

ディコード」と呼ばれる謎めいたものがいくつかある。その中で

も「嬰児殺しの兵士とその足元に縋り付く母親」の像は、ガウデ

ィの創作意図を巡って、数々の論争が繰り返されてきた。


それは、ガウディの意志を継ぐ者は誰か、真のガウディの後継者は誰なのか、という激しい論争に発展していった。


そうしたさ中に、今から五十五年前の 11 月の寒い夜、一人の若

い石工がサグラダ・ファミリアの「生誕の門」の上から転落して

死亡した。


当時の新聞には小さく事故死として報道されたが、内部関係者の間では様々な憶測が飛び交っていた。

………………………………

写真は、チュロス(Churros)。日本でも知られてきているクリーム入りやチョコレート入りのチュロスは、フィエスタでは子供たちに大人気だ。甘い物が苦手だった私も最近は素晴らしい?両党遣いに成長した。甘党、辛党の枠を取り払って人生を楽しんだ者勝ちだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。